ノンシリコンシャンプーは髪に良いのか?シリコンは悪者なのか?

「ノンシリコンシャンプー=髪に良い」
「シリコン=毛穴をつまらせる」

 

と思っている方が多いかと思いますが、
それは、本当なのでしょうか?

 

 

シリコンには髪をコーティングする効果があります。

 

シリコンが入ることにより、
髪がツルツルになり、指通りも良くなるので
多くのシャンプーやリンスにシリコンが入っています。

 

 

しかし、最近は「ノンシリコンシャンプー」が人気です。

 

頭皮環境を改善し、薄毛や抜け毛に良いなどと言われていますが、ノンシリコンだからといって全ての商品が髪や頭皮に良い、というわけではありません。

 

シャンプー売り場には、多くの「シャンプー」があり、
迷ってしまうかと思いますが、
シリコン、ノンシリコンだけで判断するのではなく、
自分の髪質にあったシャンプーを選ぶことが大切です。

 

  • 本当にシリコンは髪に良くないの?
  • そもそもシリコンってなに?
  • シリコンが入っていると、髪がどうなるの?

 

そんな疑問を解決していきたいと思います。

 

 

 

シャンプーに含まれるシリコンってなに?

疑問女子

 

シャンプーに配合されているシリコンは、正確にはシリコーンというのが正しく、シリコンだと元素のケイ素の意味になります。

 

シャンプーに含まれているシリコンは、短縮されてこの呼び方になっているので、本来の意味と混同しないことが大切です。

 

シリコンは潤滑性を有しているのが特徴で、日用品だと摩擦を減らす為にティッシュに使われたり、潤滑目的のオイルにも配合されています。

 

化粧品の分野でも使われますから、実に幅広い用途を持った物質だといえるでしょう。

 

 

一方で、シリコンは化学的に安定している傾向なので、医療用でも活用されています。

 

拒絶反応が起こりにくい性質もありますから、シャンプーに配合したり肌に付けるのに都合が良い、そういった観点から選ばれていると考えられます。

 

 

シリコンといっても種類はいろいろとあるの?

 

シャンプーで配合されるシリコンには、

 

  • ジメチルタイプ
  • 揮発性タイプ
  • アミノ変性タイプ
  • ポリエーテル変性タイプ

 

など、主に4種類が存在しています。

 

 

 

ジメチルタイプは、ジメチコンやジメチコノールといった基本的なもので、分子量の大きさが大小様々だったり、用途によって使用感が違う特徴があります。

 

高分子だと吸着しやすい性質が強まり、低分子になるほどサラサラ感がアップします。

 

 

 

揮発性タイプは、その名の通り空気中に揮発するので、髪の毛のコーティング用ではなく、他のシリコンと混ざりやすくする為に用いられます。

 

シクロメチコンやシクロペンタシロキサンが代表的な成分で、どちらも使用後に揮発してなくなります。

 

 

 

アミノ変性タイプは、カチオン化シリコンとも呼ばれており、毛髪に吸着する性質を強める為に、カチオン化という加工が施されています。

 

カチオン化とは、静電気に似た性質をもたせる為に、プラスイオンの状態にしたものだと説明可能です。

 

肝心の吸着力はカチオン化が強いほど高く、分子量が多くても同様に高くなります。

 

コンディショニング効果が高まりますから、シャンプーには比較的強くカチオン化された成分が配合されます。

 

代表的な成分はアモジメチコンやアミノプロピルジメチコンで、両方共にシャンプーなどで使用されています。

 

 

 

ポリエーテル変性タイプは、基本的なタイプのジメチコンに対して、界面活性剤と一緒にしてあるのが特徴です。

 

水と油をくっ付ける界面活性剤ですから、水と馴染みやすいにも関わらず、洗い流しやすい性質も有しています。

 

洗髪後の軋み防止と、乾燥後のぱさつきを抑える目的で配合され、水溶性などと呼ばれることもあります。

 

 

 

シリコンで髪はつるつるになるの?

 

シャンプーやリンスなどのヘアケア製品にシリコンを配合することで、洗髪やすすぎの時に、毛髪の摩擦を軽減する効果があります。

 

摩擦を軽減することで、髪が痛むのを予防しています。

 

また、髪に艶を与え、しっとりさせるなど、髪質をコントロールすることができます。

 

指通りやブラシ通りが良くなりますし、引っ掛かり感が改善されますから、髪の毛が傷んでいる場合の改善に役立ったり、ヘアセットがやりやすくなります。

ノンシリコンシャンプーってどんなシャンプー?

ノンシリコンシャンプーとは、
「シリコン」が入っていないシャンプーです。

 

 

シリコンが入っていないというだけなので、

ノンシリコンシャンプー≠髪に良い
ノンシリコンシャンプー≠無添加

となります。
もちろん、ノンシリコンで無添加のシャンプーはありますが、ただノンシリコンと書いてあるだけの場合は、無添加ではない場合が多いです。

 

 

また注意したいのが、
ノンシリコンシャンプーといっても、
シリコンと似たような働きをする成分を配合している場合があるということです。

 

・ジステアリルジモニウムクロリド
・ステアラミドエチルアミン

 

この2つの成分はシリコンではありませんが、シリコンの代わりとなるカチオン剤です。

 

このことからも、「ノンシリコン」と書いてあるからという理由でシャンプーを選ぶのは危険です。

 

 

 

シリコンは悪者なのか?

 

「シリコンは頭皮の毛穴を詰まらせる」
と言われますが、シリコンで毛穴はつまりません

 

 

シャンプーに配合されているシリコンは、非常に細かい粒子のため、毛髪に過剰につくことはありません。

 

またリンスに含まれるシリコンも、流し切れなかったとしても、翌日の洗髪の時には流されるので、毛穴に蓄積したり、詰まることはありません。

 

 

頭皮環境が悪化する原因にはいくつかあり

  • 洗浄力の強すぎるシャンプー
  • シャンプー、リンスの洗い残し
  • シャンプー時に力を入れすぎ

などがあります。

 

シリコンだけが原因というわけではありません。

 

 

他にもよくあるシリコン悪者説を1つずつ解説していきます。

 

 

シリコンは頭皮の痒みや抜け毛の原因になりませんか?

シリコン自体にアレルギーがあれば別ですが、そうではなければ痒みや抜け毛の原因にはなりません。
私たちの周りには、多くのシリコン製品があるので、アレルギーの方は稀だと思います。

 

シリコンは有効成分の髪への浸透を妨げますか?

いいえ、妨げません。

 

毛髪が濡れている状態で、シリコンが毛髪表面を完全に覆ってしまうことはないので、美容成分やパーマ、カラー剤が浸透しない、ということはありません。
※ノンシリコンシャンプーの方が、浸透はしやすいです。

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

メリット

  • 髪がふんわり仕上がりボリュームがでる
  • 髪がサラサラになる
  • トリートメント成分が浸透しやすくなる
  • カラー・パーマが長持ちする

デメリット

  • 髪の痛みが激しい人には物足りない
  • 乾燥した髪は悪化する可能性あり
  • 髪を紫外線から守ってくれない

 

 

ノンシリコンシャンプーが人気なのは、
髪の仕上がりのふんわり感とサラサラ感が大きいのではないでしょうか?

 

最近は、しっとり艶感のある直毛というよりは、ふんわりエアリー感のある髪型が流行っていますからね。

 

 

シリコン入りのシャンプーだと、どうしても髪がしっとり仕上がるので、重くなりがちです。

 

 

一方ノンシリコンシャンプーは、泡立ちが細かく、さっぱり、サラサラな仕上がりになります。

 

 

また、シリコンで髪をコーティングしないので、トリートメント成分や、カラー剤、パーマ液が浸透しやすくなります。

 

シリコンが付いていない分、髪が軽くなるのでパーマも長持ちします。

 

 

しかし、ノンシリコンシャンプーは、誰にでも合うわけではありません。

 

 

枝毛や切れ毛が多い、髪がパサパサの人が使うと、髪の状態が悪化することがあるので注意が必要です。

 

髪のダメージがひどい人はノンシリコンシャンプーは使わない方が無難です。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーのメリット、デメリットがわかっていただけたでしょうか?

 

「シリコン=悪者」

 

でないこともわかっていただけたと思います。

 

シャンプーを選ぶときは、ノンシリコンだから髪に良さそう♪という理由だけで選ぶのではなく、髪の仕上がりの好みやダメージの状況によって選ぶことが大切です。

TOPへ