なぜシャンプーにシリコンが入っているのか?

シリコンには髪をコーティングする効果があります。

 

シリコンが入ることにより、
簡単に髪がツルツルになり、指通りも良くなるので
多くのシャンプーにシリコンが入っています。

 

 

でも、最近「ノンシリコン」を売りにした商品が増えてきています。

 

なんとなく「シリコン」は髪に良くないのではないか?
と思っている方もいるかと思います。

 

では具体的に
シリコンのどこが良くないのでしょうか?

 

 

ますシリコンってなに?

 

シャンプーに配合されているシリコンは、正確にはシリコーンというのが正しく、シリコンだと元素のケイ素の意味になります。

 

シャンプーに含まれているシリコンは、短縮されてこの呼び方になっているので、本来の意味と混同しないことが大切です。
シリコンについて詳しく解説

 

シリコンは潤滑性を有しているのが特徴で、日用品だと摩擦を減らす為にティッシュに使われたり、潤滑目的のオイルにも配合されています。

 

化粧品の分野でも使われますから、実に幅広い用途を持った物質だといえるでしょう。

 

 

一方で、シリコンは化学的に安定している傾向なので、医療用でも活用されています。

 

拒絶反応が起こりにくい性質もありますから、シャンプーに配合したり肌に付けるのに都合が良い、そういった観点から選ばれていると考えられます。

 

 

シリコンといっても種類はいろいろとあるの?

 

シャンプーで配合される成分には、

 

  • ジメチルタイプ
  • 揮発性タイプ
  • アミノ変性タイプ
  • ポリエーテル変性タイプ

 

など、主に4種類が存在しています。

 

 

 

ジメチルタイプは、ジメチコンやジメチコノールといった基本的なもので、分子量の大きさが大小様々だったり、用途によって使用感が違う特徴があります。

 

高分子だと吸着しやすい性質が強まり、低分子になるほどサラサラ感がアップします。

 

 

 

揮発性タイプは、その名の通り空気中に揮発するので、髪の毛のコーティング用ではなく、他のシリコンと混ざりやすくする為に用いられます。

 

シクロメチコンやシクロペンタシロキサンが代表的な成分で、どちらも使用後に揮発してなくなります。

 

 

 

アミノ変性タイプは、カチオン化シリコンとも呼ばれており、毛髪に吸着する性質を強める為に、カチオン化という加工が施されています。

 

カチオン化とは、静電気に似た性質をもたせる為に、プラスイオンの状態にしたものだと説明可能です。

 

肝心の吸着力はカチオン化が強いほど高く、分子量が多くても同様に高くなります。

 

コンディショニング効果が高まりますから、シャンプーには比較的強くカチオン化された成分が配合されます。

 

代表的な成分はアモジメチコンやアミノプロピルジメチコンで、両方共にシャンプーなどで使用されています。

 

 

 

ポリエーテル変性タイプは、基本的なタイプのジメチコンに対して、界面活性剤と一緒にしてあるのが特徴です。

 

水と油をくっ付ける界面活性剤ですから、水と馴染みやすいにも関わらず、洗い流しやすい性質も有しています。

 

洗髪後の軋み防止と、乾燥後のぱさつきを抑える目的で配合され、水溶性などと呼ばれることもあります。

 

 

シリコンで髪はつるつるになるの?

 

いずれも配合目的は少しずつ違いますが、髪の摩擦を抑えたり質感を改善する共通点があって、仕上がりを良く感じさせます。

 

つまり、髪をつるつるにするのに有効かと問われれば、毛がまとまりやすく軋み感が減るので、有効だと答えることができるでしょう。

 

指通りやブラシ通りが良くなりますし、引っ掛かり感が改善されますから、髪の毛が傷んでいる場合の改善に役立ったり、ヘアセットがやりやすくなります。

TOPへ