アミノ酸洗浄成分はどこが良いの?

疑問女子

 

シャンプーの成分の中で、約3割を洗浄成分(界面活性剤)が占めているって知っていますか?

 

 

シャンプーの洗浄成分は、効果や香りに比べて、あまり注目されることがないので、気にしていない方も多いと思いますが、シャンプーは洗浄成分によって頭皮の洗浄力や髪への負担が変わってきます。

 

シャンプーを選ぶときは、効果や香りだけでなく、洗浄成分も重要なポイントとなります。

 

 

シャンプーの3つの洗浄成分

シャンプーの洗浄成分は、

  1. 石油系・高級アルコール系
  2. 石けん系
  3. アミノ酸系

 

この3つに分けることができます。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので表にまとめてみました。

 

 

洗浄成分の比較表

 

 

値段は少し高くなりますが、「アミノ酸系」の洗浄成分を使用したシャンプーがおすすめです。

 

安全性が高く、肌への刺激が少ないので、敏感肌の方やシャンプーで頭皮が痒くなるという経験をされた方は、とくにアミノ酸系を選ぶと良いと思います。

 

洗浄成分が強かったり、値段の極端に安いシャンプーは、頭皮ダメージの原因。

 

頭皮がダメージを受けると、髪の毛が細くなったり、抜け毛、白髪の原因にもなります。

 

 

美容院に置いているシャンプーもアミノ酸系シャンプーがほとんどです。

 

 

ただ、とにかく安いシャンプーが良い、強い洗浄力がほしいのであれば、硫酸系、石けん系を頭皮や髪の様子に注意しながら使いましょう。

 

 

なかなかシャンプーボトルの裏側を見ることはないかもしれませんが、シャンプーを選ぶときは、ぜひシャンプーの洗浄成分もチェックしてみてください。

 

 

アミノ酸洗浄成分のオールインワンシャンプーはコチラ

TOPへ